• 2018年03月27日
  • 会社案内を更新しました。
  • 2018年03月10日
  • 50周年記念特設ページを開設しました。
  • 2017年12月04日
  • 採用情報を更新しました。
2018年09月02日

『サザエさん』×『FNS27時間テレビ』スペシャルエピソードに関ジャニ∞・村上信五さんが初登場!!

日本の季節の移り変わりや家族の大切さなど、
これからの時代にも受け継いでいきたいメッセージを
伝え続けてきた『サザエさん』の9日(日)の放送では
『FNS27時間テレビ』とコラボしたスペシャルエピソード
「わが家のみそ汁紀行」をお届けします。

楽しくも奥深い「にほんの食」にたっぷり向き合う
今年の『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』。
「食」という身近なテーマを切り口に
『FNS27時間テレビ』のキャプテンを務める村上信五さんが、
本人役でアニメキャラになって初登場。

②村上青年とサザエさん

「わが家のみそ汁紀行」では、
村上さんは日本の伝統食品“味噌”に詳しい「村上信五」青年を演じ、
磯野家メンバーとの会話を通して
“味噌”のおいしさや効用を伝えるストーリーです。

このほどアフレコ収録が行われ、
村上さんから『サザエさん』に対する熱いコメントを頂きました。
③味噌の良さを再発見
都内で行われたアフレコでは、
いつも通りの関西弁の青年「村上信五」役に、
自然体で臨んだ村上さん。
アフレコも終始スムーズに進み、
『サザエさん』のベテランスタッフたちからも賞賛の声が上がりました。
アフレコブース内では映像を見たご本人の口からも
「めっちゃ俺やなぁ!」と感激のコメントが飛び出しました。

磯野家の食卓を通し、日本食の素晴らしさがもっとわかる。
そして、もっと、もっと日本食が好きになる!
そんな特別版の『サザエさん』をお届けします。
おなじみ磯野家メンバーと村上青年のやりとりにぜひご注目下さい。

 

<村上信五さんコメント>
Qアフレコを終えて
「手応えしかないですね、笑。
自分の役をやるというのは不思議な感覚でしたが、
アフレコは“楽しい”しかなかったです。
素晴らしいストーリーに、自分でも驚くほど溶け込めたなと。
自分で聞いてみても“自分だな、こんなに自分でもいいのかな”
と思いました!」

Qアニメ画の自分を見た感想は
「サザエさんタッチになった僕を見て新鮮でしたね!
ディテールの部分までこだわって下さって、
よく見ていただいているなと。
磯野家の食卓まで一緒に囲ませていただいて、
初めてとは思えないなじみ方でしたね」
①食卓を囲んで

Q『サザエさん』の思い出は?
「『サザエさん』と言えば、小さい頃遊びに行った
おばあちゃんの家で『サザエさん』を見て家に帰る、
“宿題やったの?”と母の小言が始まる(笑)、
また新しい1週間がはじまるという
ある意味生活の軸になっていた番組です。
そんな番組に画もキャラも“僕”として登場できて
うれしく思います」

Q視聴者へのメッセージを
「『27時間テレビ』の終盤部分になりますが、
この話を見ていただければ“みそ汁”が飲みたくなる、
そんな内容になっていると思います。
時間帯的にもこの話をきっかけに
夕食にもう1品“みそ汁”を足していただけたらうれしいです。
ぜひご家族で楽しんでご覧ください」
④みそ汁を味わう磯野家

 

<『サザエさん』渡辺恒也プロデューサー(フジテレビ)コメント>
「今回、「にほん人は何を食べてきたのか?」という
『FNS27時間テレビ』全体のテーマに合わせて、
家庭における「食」の代表とも言える
「みそ汁」を題材にしたスペシャルエピソードを企画しました。
村上さんのアフレコは本当にスムーズで、
まるで以前から『サザエさん』に登場していたキャラクターなのか!?
というぐらい『サザエさん』の世界に自然に溶け込んでいました。
味噌へのあくなき愛情と、村上さんの普段の人柄がミックスされた、
とても楽しいキャラクターになっていると思います。
ひとくちに味噌といっても地域によって千差万別、
そして家庭でもその家の「みそ汁の味」がそれぞれあるように、
あさひが丘の磯野家にもずっと受けつがれてきたみそ汁があります。
画面から立ちのぼる味噌のいい香りを感じて、
視聴者の皆さんにも「わが家のみそ汁」に
思いをはせてもらえれば嬉しいです。
是非お楽しみに!」

 

<あらすじ>
「わが家のみそ汁紀行」
朝、マスオが財布を無くしたと騒いでいる。
どうやら昨夜、波平と飲みに行った時、落としたらしい。
マスオと波平は泥酔していて、どこで落としたのか記憶がない。
そんな時、村上という青年がマスオの財布を届けに来る。
マスオがどこで拾ったのか聞くが、
村上は磯野家の朝食のみそ汁のいい匂いのほうが気になってしまい・・・

この日は他にも「姉さんと花沢さん」「ボクたち起こし隊」と
計3本のエピソードをお送りします。

 

<番組概要>
タイトル:『FNS27時間テレビ ~にほん人は何を食べてきたのか?~』
■放送日時:9月8日(土)午後6時30分~9日(日)午後9時54分
■出演者
総合司会:ビートたけし
キャプテン:村上信五
ほか
■スタッフ
チーフプロデューサー:中嶋優一
総合演出:竹内 誠

<『サザエさん』番組概要>
■放送日時:9月9日(日)午後6時30分
■出演:
サザエ・・・加藤みどり
カツオ・・・冨永み~な
ワカメ・・・津村まこと
タラオ・・・貴家堂子
フネ・・・寺内よりえ
マスオ・・・増岡 弘
波平・・・茶風林
村上・・・村上信五


■原作:長谷川町子(長谷川町子美術館)
■制作:フジテレビ、エイケン

番組情報はこちら
2018年06月28日

『サザエさん』作品No.7777は七夕に関するエピソードを放送!

昭和44年(1969年)に放送を開始し、
2019年にはアニメ50周年を迎えるアニメ『サザエさん』。
毎週日曜午後6時半から放送している本作は、
日本の季節の移り変わりや家族の大切さなど、
これからの時代にも残していきたいメッセージを伝え続けています。

sazae_7777_2+

7月1日(日)に放送する作品No.7777(※)では
「あさひが丘の織姫さま」と題したエピソードをお送りします。
カツオの友達、かおりちゃんが短冊に書いた願い事をきっかけに、カツオが動揺し・・・
日本の伝統行事である七夕を磯野家と周りの人々のほのぼのとしたやりとりを通して描きます。
その他にも「あこがれの新築」「カミナリさまの孫」と、この日も計3本のエピソードを放送。
季節感あふれる七夕のスペシャルエピソードとともに
常に豊かで心温まるアニメ『サザエさん』の世界をぜひお楽しみ下さい。
※『サザエさん』の各エピソードには作品No.が付けられておりますが、
ランダムに放送されるため、本エピソードの放送順が7777話目ということではありません。

<あらすじ>
作品No.7777 あさひが丘の織姫さま
七夕が近づき、磯野家やカツオの友達たちも、願い事を短冊に書いて笹竹に吊るす。
その中でかおりが、『彦星さまに会えますように』と書いていた。
かおりは京都旅行で知り合った男の人と、7月7日に東京で会う約束をしていたのだ。
それを聞いたカツオは動揺し、七夕の日を迎えてもずっと落ち着かない・・・。

<渡辺恒也プロデューサー(フジテレビ) コメント>
「サザエさんの各エピソードには作品No.(ナンバー)というものがあり、
放送でもサブタイトルの画面に記載されているのですが、
ついにこの作品No.が7777というゾロ目を迎えます!
これを記念して、7月1日の放送では7にちなんだスペシャルエピソードを放送することにしました。
7月7日は織姫と彦星が一年にたった一度会うことができるとされる七夕の日。
もしかしたら普段会えない人に会いたくなる、そんなお話になっています。
7と言えばラッキーセブン!
当たり前のことですが7が並ぶのはNo.777から7000話ぶり、次に7のゾロ目が来るのは70000話先!
これまで積み上げてきたアニメ『サザエさん』の長い歴史を改めて感じるとともに、
これから先もずっと楽しい家族の日常をお届けしていきたいと、スタッフ一同思いを新たにしています」

番組情報はこちら
2017年03月24日

サザエさん放送2400回記念スペシャル放送はいよいよ明後日!

「サザエさん」放送2400回を記念した、春休み1時間スペシャルの放送が決定しました。

春休みのサザエさん一家が熊本・大分を巡り、両県の観光名所の数々と旅先での出会いや発見を取り上げるストーリー「夢いっぱいの春休み~熊本・大分旅行~」をはじめ、4本のエピソードを1時間にわたってお届けします。

地元の方との心温まるエピソードや、美味しいものもたくさん出てきますよ~。

普段の放送とはひと味違う、春休みのスペシャル感溢れる1時間をぜひご家族揃ってお楽しみください!

スタートは、夜の6時からです。お見逃しなく!

 

<「夢いっぱいの春休み~熊本・大分旅行~」あらすじ>

春休みに熊本・大分へ家族旅行に出かけたサザエさん一家。大分では別府温泉で“地獄巡り”をしたり、温泉グルメに舌鼓。さらには熊本で、阿蘇の絶景を見たり、御船町にある恐竜博物館を訪れたり、天草では古くから伝わる大凧・バラモン凧の凧上げにも挑戦。熊本&大分の名所の数々を訪れるお話。

7606_C-0587607_C-0717608_C-040

<番組概要>

タイトル:『サザエさん 放送2400回記念スペシャル』

■放送日時 : 3月26日(日)午後6時~7時

■原作:長谷川町子(長谷川町子美術館)

■制作:フジテレビ、エイケン
2016年07月19日

『サザエさん』に『スカッと痛快TVスカッとジャパン』メンバーが総出演!

今年のFNS27時間テレビは“一年に一度、皆さんに笑顔をお届けする大感謝祭”=『FNS27時間フェス』と銘打ち、まるで“音楽フェスティバル”を見ているようなワクワク感満載でお送りする『FNS27時間テレビフェスティバル!』です。

サザエさんは、オープニングから『痛快TV スカッとジャパン』のメンバーが登場するスペシャル版。
内村光良さんのほか、嫌みな言動を繰り返す“イヤミ課長“こと馬場智明(木下ほうかさん)、”悪女エリカ“(菜々緒さん)、“迷惑おばさんコンビ”(山村紅葉さん・夏川加奈子さん)、“眼鏡のおばさん”(宍戸美和公さん)はお話の中にも登場します。

『FNS27時間テレビフェスティバル』とのコラボレーションで実現した、痛快でスカッとするスペシャルな『サザエさん』の放送は24日(日)午後6時30分ころを予定しています。
オープニングから、是非お見逃しなくご覧ください!
2016年04月01日

『ぼのぼの』いよいよ明日から放映スタート!

新作アニメーション『ぼのぼの』がいよいよ明日 あさ4:52~スタートします。
先日、原作者・いがらしみきお先生、監督・山口秀憲さん、
主題歌担当・モノブライト桃野陽介さんをゲストに、鼎談と試写会が行われました。
今回は、その模様をお伝えします!

IMG_5884

鼎談は、『ぼのぼの』30周年についてのお祝いからスタートしました。
30周年という記念すべき年にアニメ化が実現した感想を求められたいがらし先生は、
「ここ3年ぐらいグッズが売れてきていて、その反響も良かったので色気が出て、
できればテレビアニメにしたいと思っていた時に、巡り合わせのように
今回のアニメ化の話が決まりました。本当に嬉しく思っております。」と喜びのコメント。

その言葉を受けた山口監督は「昔から読んでいた作品なのでアニメ化することができて光栄です。
ショートアニメの正味4分半という短い時間の中で、原作の魅力をどれだけ凝縮して描けるか。
『ぼのぼの』ならではの”間”を如何に描けるかに拘って作りました。」と恐縮しながら語りました。

続いて、本編映像を見た感想を問われた いがらし先生が、
「こういう世界なんだな、監督が最初の打合せで話をしていた子供向けにしないと言っていた意味が
ストンとわかりました。原作の漫画でも大切にしている余韻ですが、
アニメも毎回余韻をもたせて終わっている。それは面白いと思います。
どういう風に受け取られるのか。 それが楽しみです。」
と語ると、桃野さんも同意し
「僕も見た時に、漫画を読んでいる時の、
自分の中での『ぼのぼの』と同じ“間”のイメージで見ることができました。
すごく良い意味で、説明がないというか・・・
その世界観をこだわって作ったなぁという感じがして、僕は楽しかったです。」と
山口監督が拘って作っている“間”について絶賛し、いがらし先生は更に、
「漫画を描いている時に自分の中にある『ぼのぼの』の世界が、
アニメを見た時にものすごく柔らかくなっている。
色もそうですが、綺麗でソフトな感じでした。」と語りました。

また、主題歌について問われると桃野さんは、
「物心ついたときから『ぼのぼの』という作品がありました。
僕の中では歴史的なものに歌をつけるというのは、例えて言うなら、
奈良の大仏に曲をつけるようなものですね。」と
プレッシャーを覗かせつつも会場を笑わせ、更に
「拘ったことは、子供目線になるのではなく、
子供の気持ちになって歌う事ですね。」と語ったのを受け、
いがらし先生は「ボーカルの声がいい声で大好きだった。
監督も私も一発で気に入りました。」と語り、
山口監督も「楽曲を聴いてエンディングの絵もすぐに浮かびました」と振り返りました。

最後に『ぼのぼの』放送に向けてのメッセージを求められると、桃野さんは
「今回、『ぼのぼの』というアニメの主題歌ということで、
僕が生まれ育ったのは北海道の根室市というところで、
ラッコ、シマリス、アライグマがいる、リアルな『ぼのぼの』の世界観がありました。
原体験に近い作品に関われたという事で、 やっと自分らしさが出せたという思いがあります。
隠すわけではないけれど、ロックバンドだと、牧場の息子というような生活感を
あまり表に出すことはない。こんなに自分らしい作品に関われたということで嬉しいですね。
ぜひ曲も合わせて愛して欲しいです。よろしくお願いします。」
と原体験を交えて心情を語ると、いがらし先生は、
「『ぼのぼの』30周年ですが、今はまだ何ができるのか具体的に考えてはいません。
監督がおつくりになった『ぼのぼの』を世間の方が観ることで生活の潤いになるなら、
嬉しいです。我々の希望はそれですね。皆さんの潤いになりたいと思います。」と思いを明かしました。
最後に山口監督は、「自分が大好きだった漫画作品を手がけられること、
関われる幸せをかみしめています。
このアニメは、とにかく見て面白かったと言ってもらえる作品にしてゆきたい。
毎回それが続いて、今週も面白かった、になる。
1回見逃したからといって、もう見なくていいやとか、そういう番組ではなく・・・
久しぶりに見ても楽しいと思ってもらえるような作品にしたいと思います。
そして原作に負けないくらい すごく長いシリーズにしてゆきたいです。
よろしくお願いします。」と作品への意気込みを語り、鼎談が終了しました。

IMG_5831IMG_5832 IMG_5837

(左から山口監督・いがらし先生・桃野さん)

アニメ『ぼのぼの』は、いよいよ明日から毎週土曜日4:52からフジテレビにて、
放映がスタートします。
『ぼのぼの』を是非お楽しみください!

■放送情報
4月2日より毎週土曜日4:52~ フジテレビ
5月8日より毎週日曜日10:30~ アニマックス
■配信情報
4月2日(土)より毎週土曜日 あさ5:00 最新話を追加
FOD(フジテレビオンデマンド)
http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/anime/ser5353/
■TVアニメ『ぼのぼの』公式サイト  http://www.bonoanime.jp/
■モノブライト公式サイト  http://www.monobright.jp/
2016年03月17日

『ぼのぼの』FOD見逃し配信&アニマックスでの放送決定!

4月2日よりフジテレビにて放映をする新作アニメーション「ぼのぼの」が、
FOD(フジテレビオンデマンド)にて放送直後より配信スタートすることになりました。
また、本作品がBS・CSアニマックスにて5月8日(日)より放送されることも
決定しましたのでお知らせ致します。

FOD(フジテレビオンデマンド)
4月2日(土)より見逃し配信開始!
※毎週土曜 あさ5:00 最新話を追加
http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/anime/ser5353/

アニマックス
5月8日(日)より放送スタート !
毎週日曜 あさ10:30~
リピート:翌週土曜 あさ6:00~
4月から始まるフジテレビでの放送はもちろん、配信やBS・CSでの放送も是非お楽しみください。
2016年03月09日

「花は咲く アニメスター・バージョン」の放送決定!

2012年からこれまで、各界の著名人やアーティストとコラボを行い、
さまざまなバージョンが制作されてきた復興支援ソング「花は咲く」。

この名曲に、日本のアニメーション史に残る名作のヒーロー・ヒロインたちが参加する
「花は咲く アニメスター・バージョン」が「花は咲く」の作曲家・菅野よう子さんの
アレンジによる新たな音源で誕生しました。

エイケンからは『サスケ』 が参加。
日本を代表する声優・山寺宏一さん
そして声優のみならず数々のスタジアムでライブを行うなど
アーティストとしても活躍する水樹奈々さんのデュエットと共に、
東北の復興にエールを送ります。

放送は3月12日(土)夜11時40分 NHK総合となっており、
以後随時放送されてゆきますので、是非ご覧ください。

【参加アニメーション作品】

「赤毛のアン」「AKIRA」「あしたのジョー2」
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
「宇宙戦艦ヤマト」「うる星やつら」
「科学忍者隊ガッチャマン」「機動戦士ガンダム」
「巨人の星」「クレヨンしんちゃん」
「けいおん!」「劇場版ポケットモンスター」
「劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~」
「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 2.0」
「サスケ」「ジャングル大帝」「進撃の巨人」
「新世紀エヴァンゲリオン」「009 RE:CYBORG」
「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」「ちびまる子ちゃん」
「鉄腕アトム」「ドラえもん」
「ドラゴンボール改」「NARUTO -ナルト- 疾風伝」「忍たま乱太郎」
「鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST」「火の鳥」
「ふしぎの海のナディア」「ふたりはプリキュア」
「フランダースの犬」「魔法の天使 クリィミーマミ」
「未来少年コナン」「名探偵コナン」
「妖怪ウォッチ」「ラブライブ!」
「ルパン三世 カリオストロの城」「ONE PIECE」

(五十音順、全38作品)
2016年03月05日

原作生誕70周年記念『サザエさんスペシャル』 放送決定!

1946年4月22日に福岡の地方紙である「夕刊フクニチ」にて新聞連載開始した『サザエさん』。
その後、全国紙である朝日新聞に掲載を移し、1974年まで連載され国民的漫画として人気を博しました。
そんな『サザエさん』原作生誕70周年を記念して、3月27日(日)に
『原作生誕70周年記念 サザエさん 春の浅草観光&湯水家でお手伝いSP』と題した
アニメ『サザエさん』の1時間スペシャルの放映が決定しました。

東京スカイツリーそびえる浅草周辺を観光するという話や、
『サザエさん』の原作の中からえりすぐりのエピソードとして、
サザエさんが大金持ちの湯水家へお手伝いに出向く話など、
生誕70周年スペシャルに相応しい豪華7本のラインナップでお届けします。
スペシャル感たっぷりの1時間をぜひご家族でお楽しみください。

今回は、1969年 10月5日(日)に放送開始したアニメ『サザエさん』の
第一回目放送から現在に至るまで、長きにわたって主人公・サザエ役を務める
声優の加藤みどりさんのインタビューをお届けします!

Q)原作70周年という事で、原作者長谷川町子先生との思い出はありますか?

「たった1回だけ町子先生にお会いしたことがあるんです。
プロデューサーが気を遣う中、私が“先生、私ね、今年悪いことばっかりなの~”って
サザエさんそのままで話しかけてしまったら
“そう?これからきっといいことがあるわよ”って言ってくださったんです。
その後は先生が賞を受賞されたりした時に、お花やお手紙を差し上げると
その都度“ありがとう”と人づてでもお礼を言ってくださいました。
私にとっては特別な方だったなという気がするし、
いまになってみると“サザエさん”というのは何か運命的なものだったかなと思います」

 

Q)サザエさんを演じる上で心がけていることはありますか?

「やりたい放題!最初のころは私が一番年下で、キャリアもあまりなかったから
何やってもいいよと演出家に言われて。
でもよく“サザエさんは明るいけど、バカじゃありません”とその他のキャラクターも含めて
きちんと役作りを認識するよう年に2回しっかり言われていました。
最初に私が呼ばれて教えられたのは“これはずっと続けますよ、家庭の話だからです”と言われたのです。
家庭と家族というのは毎日毎日同じことをやっているようでも実は違う。
子供も大人も毎日が同じようで違う。だからいくらでもテーマになる、話題につきない。
いわゆるホームドラマではあるけど、家族構成のなかで作れる話ですと。
それを丁寧に拾っていくというのがプロデューサーの方針だった。
それについて明るくなくちゃいけない、清潔じゃなくちゃいけない、それから性格が悪くちゃいけない、
どちらかといえば脳天気で良いとそういうようないくつかの要素が決まっていたんですね」

 

Q)長年演じられてきて変わったことや、長く続けるための秘訣はありますか?

「声は変わってきています。実は私はものすごく良い声になっているんです。
長唄や声楽など声のトレーニングをずっとしているので、どちらかというと声はよくなってきているんです。
昔みたいに子供のようなキャンキャンキャという声じゃなくて、
何時間でも同じ事をやれと言われたらやれるようなトレーニングはしている。
サザエさんの収録の時はちょっとポーンと響きがでるように
童謡のCDを30分くらい歌ってそれから家を出て行きます」

 

Q)今後の目標をお聞かせください。

「とりあえず50年。50年は頑張りたいと思っています。
周りの人達からの反応でやっぱりやらなきゃと思う。
だから見てくださる人がいて、助けてくれる人がいて、だめなところはダメ、
面白かったところはおもしろいという反応でやっていける。
それがなかったら誰にも、いわれなかったら私もダメになると思う。
とにかく体力的にも頑張らなくちゃと、思うのは反応があるから。
その力に背中を押されてやっているというのが本当のところです」

 

Q)最後に、今回の1時間スペシャルについて一言お願いします。

「見てください!なんて言ったって見てください!
みなさんに恥ずかしくない声と技で頑張ってみます。
見ていただけるということは何よりもまして私達がまっすぐ正面を向いていける。
いろいろあったとしても、いいことだけでなくて悪いこともあります。
番組自体もみなさんで育てていただければと思います」

<番組概要>

■タイトル:『原作生誕70周年記念
サザエさん 春の浅草観光&湯水家でお手伝いSP

■放送日時 : 2016年3月27日(日)午後6時~7時

■出演:

サザエ・・・加藤みどり
カツオ・・・冨永み~な
ワカメ・・・津村まこと
タラ・・・貴家堂子
フネ・・・寺内よりえ
マスオ・・・増岡 弘
波平・・・茶風林  他
2015年12月17日

ぼのぼの アニメ化決定!

株式会社エイケンは、「ぼのぼの」を新作アニメーションのテレビシリーズとして制作することが決定いたしましたのでお知らせ致します。
「ぼのぼの」は、1986年より『まんがくらぶ』『まんがライフ』他で連載を続け、テレビアニメ放映・ゲーム化・映画化・各種書籍出版が行われ、今なお、変わらぬ人気で、老若男女問わず愛され続けています。
2016年4月2日(土)よりフジテレビにて毎週土曜日朝4時52分から放映され、また、FOD(フジテレビオンデマンド)でも見逃し配信が決定しました。
連載30周年というアニバーサリーYEARに新たな命を吹き込まれる「ぼのぼの」と仲間たちの緩やかな日常と小さな冒険をお楽しみに!!

key_1217release
タイトル  ぼのぼの
原作者  いがらしみきお
ぼのぼの (竹書房 刊)
放送開始 2016年4月2日~ (予定)
放送局  フジテレビ
放送枠  毎週土曜日 4:52~5:00
制作    エイケン
製作    フジテレビ・エイケン
2015年08月19日

サザエさんがめざましじゃんけんに登場

フジテレビ系列で放送中の「めざましテレビ」の人気コーナー「めざましじゃんけん」に「サザエさん」が登場します。
8月24日(月)~28日(金)の5日間、AM7時26分ごろから、
毎日違うキャラクターが参加する予定です。
サザエさんたちとのじゃんけんをお楽しみください。
めざましじゃんけんはこちらから

※都合により、番組内容が変更または中止となる場合があります。
ご了承ください。
2015年08月19日

サザエさんにバレーボール全日本女子 眞鍋監督&木村選手が本人役でご出演

8月23日放送の『サザエさん』に、バレーボール全日本女子の眞鍋政義監督と木村沙織選手が出演することが決定し、先日アフレコ収録が行われました。
お二人は「目指せバレーの星!」という話の中で、カツオが友人と参加する町内こどもバレー大会に来るゲストとして、それぞれ本人役で出演します。
声優初挑戦となった眞鍋監督と木村選手は、初めてのアフレコ収録ということで、スタジオの雰囲気に緊張していた様子でしたが、すぐに感覚をつかみ、普段は聞き慣れない眞鍋監督のよそ行きの声やセリフを噛む場面には木村選手が思わず噴き出す場面もあるなど、収録は終始明るい雰囲気の中で行われました。
サザエさん役の加藤みどりさんも「眞鍋監督の声が素敵です!」と大絶賛。また、木村選手に対しても「リズム感が良い!」とお二人のアフレコに感激の様子でした。

150812バレーコラボ1 150812バレーコラボ2
<コメント>
Q)初めてアフレコを体験された感想は?
■眞鍋政義 監督
「難しいですね。でもこのサザエさんにね、出演できるっていうのはうれしいですね」
■木村沙織 選手
「緊張もしましたし、私はあんまり自分の声が好きじゃないので、ガサガサな声がすごく恥ずかしかったです」

Q)『サザエさん』に出演された感想は?
■眞鍋政義 監督
「本当に小さい時からね、ずっとこの『サザエさん』を見てましたから、本当に今日はうれしいです。いい経験ができました!いよいよ8月22日からワールドカップが始まりますが、サザエさんファミリーと一緒に世界一に挑戦したいと思います!」
■木村沙織 選手
「カツオ君と握手できてうれしかったです!(ワールドカップでは)本当に厳しい戦いが続くと思いますが、チーム一丸となって私たちもサザエさんファミリーのようなチームになれるように頑張りたいと思います」

サザエさん×バレーボールの特別コラボを、ぜひお楽しみに!
■放送日時:8月23日(日)午後6時30分~7時
カテゴリー
トップへ