• 2019年03月22日
  • 会社案内を更新しました。
  • 2019年03月10日
  • 50周年記念特設ページを更新しました。
  • 2018年12月09日
  • 会社案内を更新しました。
2019年03月08日

アニメ『サザエさん』登場人物別・傑作選50作を配信開始

2005年から2008年に地上波放送されたアニメ『サザエさん』の中から、磯野家の登場人物別・傑作選として厳選した50作品の映像配信が決定しました。2019年3月8日(金)よりフジテレビが運営する動画配信サービスFODにて配信開始いたします。



アニメ『サザエさん』登場人物別・傑作選は、2005年~2008年に地上波放送されたエピソードの中から、サザエ、マスオ、カツオ、ワカメ、タラオ、波平、フネの磯野家ひとりひとりの選りすぐられた50作品を配信いたします。配信する作品は、「サザエはミス日本」「マスオのひとり言」「カツオ人生論」「考えるワカメ」「タラちゃんパパになる」「波平微妙なとしごろ」「母さんと演歌の星」など、タイトルだけでも和んでしまうような作品がリストアップされております。また2005年~2008年当時の、波平の声は永井一郎さん、フネの声は麻生美代子さんという貴重な声の出演にもご注目ください。

「サザエはミス日本」2006年10月29日(日)放送



「タラちゃんパパになる」2007年1月14日(日)放送



原作の漫画「サザエさん」は、昭和21年に、九州の「夕刊フクニチ」という新聞に連載されたのがはじまりです。作者の長谷川町子先生が、仕事を依頼されてから、どんな内容にするか、妹さんと一緒に毎日海岸を散歩しながら考えていたので、登場人物が、みんな海産物の名前になったということです。
そして、昭和24年から49年まで、25年もの永きに渡り、サザエさん一家は、東京の朝日新聞に連載されました。

アニメ『サザエさん』が生まれたのは、それから約20年後、昭和44(1969)年10月5日、フジテレビで第1回が放送されたのがはじまりです。 番組開始当初は、ドタバタ喜劇の色合いが濃く、画風も現在のものとは、かなり異なっていました。いつも暖かさと楽しさと、そして平和な家族の代表のように、誰からも愛され、親しまれている“いい家族サザエさん”は、常に豊かでほのぼのとしたアニメです。

アニメ『サザエさん』の配信は、2018年12月から開始した1969年10月5日第1回放送~1970年10月4日までの放送50回分に続き第2弾となる試みで、今回の50選はFOD、Amazon Prime Videoでお楽しみいただけます。

◇ FOD 概要
フジテレビが運営する動画配信サービスです。現在、テレビで放送中の番組の無料配信をはじめ、往年のドラマ、バラエティ、アニメや国内外の映画など40,000本以上の動画作品を配信中。さらに、話題のマンガや雑誌など、電子書籍のラインナップも200,000冊以上と豊富に取り揃えています。
■URL: http://fod.fujitv.co.jp/

◇ Amazon Prime Video概要
■サービス名:Amazon Prime Video
■利用料金:Amazon Prime VideoはAmazonプライム会員なら追加料金なしで会員特典対象の映画やドラマ、アニメ、Prime Original 作品が見放題。30日間の無料体験期間はすべてのプライム会員特典が無料でご利用可能。無料体験後は、月400円の月間プランまたは年3,900円(月換算で325円相当)の年間プランがご利用可能。
■対象端末:Prime Videoのアプリをご利用いただければ、対応するテレビ、PlayStation、Wii、モバイルデバイス、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、Fireタブレット、オンラインなどで、どこでも視聴いただけます。ご利用いただけるデバイスのリストは、http://www.amazon.co.jp/gp/video/getstarted/をご参照ください。
■URL: https://www.amazon.co.jp/PrimeVideo 

◇ 現在の地上波放送概要
■タイトル:『サザエさん』
■放送日時:毎週(日)18時30分~19時00分
■出演:
サザエ ・・・ 加藤みどり
カツオ ・・・ 冨永み~な
ワカメ ・・・ 津村まこと
タラオ ・・・ 貴家堂子
フネ ・・・ 寺内よりえ
マスオ ・・・ 増岡 弘
波平 ・・・ 茶風林


■原作:長谷川町子(長谷川町子美術館)
■スタッフ
プロデューサー:渡辺恒也(フジテレビ編成部)
田中洋一(エイケン)
制作:フジテレビ、エイケン
カテゴリー
トップへ