ガラスの仮面 Blue-ray BOX発売記念特設ページ

連載40周年を祝して初のBlu-rayが発売!

ジャケット

エイケンが制作した名作アニメーション「ガラスの仮面」。 昨年、連載40周年を迎えたことを祝して初のBlu-ray化が企画され、2017年5月26日、いよいよ発売される運びとなりました。 従来の4:3の画角では収録しきれなかった左右の映像を上下をカットすることなく取り込んでHDネガテレシネを行ない作成したHDマスターを使用!連載41周年目を迎え、益々ファンの中でも盛り上がり続ける「ガラスの仮面」の初めてのアニメ作品を、是非この機会にご覧ください。


原作イメージ 美内先生からのコメント
『ガラスの仮面』初めてのアニメ化作品です。連載40周年記念のこの企画に、感謝申し上げます。懐かしい作品にふれ、当時のアニメーターや声優さん達、関わって下さったスタッフの皆さまの熱い思いが伝わってくるようで、嬉しく思っています。

美内すずえ

TCエンタテインメント ベストフィールド

ページトップに戻る
バラ罫線

原作紹介

「花とゆめ」1976年1号(白泉社刊)より開始し、現在は「別冊花とゆめ」にて連載中。単行本は累計5,000万部以上を発行し、日本国内での少女漫画の最高部数を誇る少女漫画史上不朽の名作です。テレビアニメ、テレビドラマ、舞台などにもなり人気を博しました。

コミックスの購入はこちら


ページトップに戻る
バラ罫線

エイケン版アニメならではの見どころ

原作の繊細な心理描写を継承!

企画イラスト

キャラクター・デザインはスタッフが直接美内先生と話し合いの場を持ちました。原作の“持ち味を殺さないでほしい”という先生のご意向のもと、美内先生の描くキャラクター、世界感などを崩さないように気をつけながらアニメ「ガラスの仮面」制作しました。マヤの成長する姿や見ごたえのある劇中劇をそのままに、キャラクター達の繊細な心理描写とテンポの良さで、最後まで飽きさせません!


オープニングが印象的!

企画イラスト

主人公マヤがレオタード姿で踊る、本編とはまた違った一面を魅せる映像です。「聖闘士星矢」「ベルサイユのばら」を代表作とする荒木伸吾さんと姫野美智さんの豪華タッグがそれぞれオープニング作画監督、オープニング原画を担当。“美人キャラクターの代名詞”とも称されるその端正な絵柄と美麗な目が、作品の象徴であるマヤを美しく神秘的に表現しています!


臨場感ある演出

場面イメージ

「ガラスの仮面」において外せないのは、何と言っても演技シーン。マヤ役でアニメ初主演の勝生真沙子さんの迫真の演技が光ります。そして華やかなBGMをはじめ、効果的なSE、スポットライト等、当時最高の技術が重要シーン盛り上げていきます。マヤと永遠のライバル・亜弓の迫力ある対決シーンをよりドラマティックに演出しています。


ページトップに戻る

期間限定 壁紙プレゼント

Coming Soon!
公開をお楽しみに!

ページトップに戻る
バラ罫線

あらすじ

場面イメージ

不慮の事故により一線を退いた大女優・月影千草に女優としての資質を見出された北島マヤは劇団つきかげに入団する。マヤはかつて月影が演じた「紅天女」を狙うべく、厳しいレッスンを受けることとなる。一方、劇団オンディーヌが誇る天才少女・姫川亜弓も、「紅天女」の座を狙っていた…


ページトップに戻る
バラ罫線

キャスト&スタッフ

キャスト

北島 マヤ:勝生 真沙子
姫川 亜弓:松島みのり
速水 真澄:野沢那智
月影 千草:中西妙子
ナレーター:北浜晴子

スタッフ

原作:美内すずえ
総監督:杉井ギサブロー
監督:坂本雄作、角田利隆
脚本:篠崎好、藤川桂介、金春智子、三沢もと子、朝倉千筆
キャラクターデザイン:国保誠
総作画監督:進藤満尾
オープニング作画監督:荒木伸吾
オープニング原画:姫野美智
美術監督:金村勝義
音楽:大谷和夫

ページトップに戻る
バラ罫線

商品概要

発売日 2017年5月26日(金)
制作年 1984年
制作国 日本
仕様 カラー/本編約575分/16:9/音声:リニアPCM(モノラル)/BD50G
第1話~23話収録(全23話)/3枚組
※仕様は変更となる場合がございます。
品番 BFTD-0179
価格 28,000円(税抜)
発売元 株式会社ベストフィールド
販売元 TCエンタテインメント株式会社

ページトップに戻る
バラ罫線